2013年03月22日

落着か 十四回の 宿替えで

kurobiitaya_haru.jpg

Acer miyabei Maxim.    クロビイタヤ ミヤベイタヤ
 イタヤカエデの仲間ではなく、コブカエデの仲間 幹がコルク状になる。成長の早い木でもある。岐阜、長野県 東北、北海道に自生。秋はやや黄色。

 昨日から携帯電話がストを起こし使い物にならなかった。昼、友人に連れて頂き見てもらったところ、一日一回はOFFにすよう進められた。何事もなくよかったと安堵。今日も一日、宿替え準備。この後、PCを分解と、明日朝の食事、食器の片付で終わる。ネットがつながるまで書き込みが出来ない。一寸寂しい気持ち。
posted by ganshuku at 19:20| 日記

2013年03月21日

探し物 荷造り途中 発見だ 

nangokuminekaede_hana.jpg

 Acer australe (Momotani) Ohwi et Momotani   ナンゴクミネカエデ 
 奈良県吉野郡 標高千数百m自生。花は梅雨時分に咲く。1円玉ぐらいの花が咲いていた。花弁の巾が広い。四国で発見され命名されたようだが、日本全国に点々と自生している。

 朝方冷え込みがきつかった。体調が整わないので、休み休み箱詰めをした。入れても入れても終わりにならない。与えられた部屋に入るか心配だ。
posted by ganshuku at 22:01| 日記

2013年03月20日

そこかしこ 宝の山も 気付かずに

tatsutasou.jpg

タツタソウ  中国の植物
 太平洋戦争敗戦により引き上げる時、花の大好きな兵隊さんが持ち帰ったそうな。引き上げ船が「立田丸」だったそうで、この名が付いたと聞く。山野草の王者だそうな。

 売店前に休憩所を会長が作ってくださるそうで、基礎作りに大工さんが来られていた。何時もの3名。肥料散布2名。私は剪定をしたが、睡眠不足か、ふらふらだったので、午後、家にて荷造り。途中、2組の来客あり、差し入れをして下さった上にダンボール箱を大宇陀まで貰いに連れて貰った。また鹿革にカエデをプリントするお話で出かけたり、嬉しい話があった。
posted by ganshuku at 19:29| 日記

2013年03月19日

公園を 学べる場所で 在りたいよ

elegantulum.jpg

Acer elegantulum Fang & Chiu      毛花槭
 中国のカエデ野生種。まだ花を見ないが紫色の花が咲くそうな。

 今日は3名。安定した気温で集中できた。例によって2名は肥料散布。私は剪定。脚立の上に乗っての作業。また枯れたカエデが見つかった。見て頂くためにも育ちの良いカエデにしたい。作業に追われ作業が続く。もう一つカエデの写真整理、撮影、勉強をしなくてはならない。学術的にも資料の整理、標本もあるがどうなっている事か。体は一つ、脳みそ衰え、何をするにも時間がかかるようになった。
posted by ganshuku at 21:12| 日記

2013年03月18日

引越しの 箱詰めの間に 珍器見る

kohauchiwakaede_haru.jpg

Acer sieboldianum Miquel    コハウチワカエデ
 芽出しの時に 赤茶色なのは少ない。春延びた枝には毛が一杯生えているのが特色。

 朝、6時起き掛けから、引越しの準備。やっと着物、グッズ戸棚、本までできた。後は食器、衣類、PCが残っている。難儀なのはPCで、金曜日の夜を最後に、当分使えないだろうと思う。荷物が多すぎてどうにも成らない。物置小屋の中で生活する事になるだろう。
posted by ganshuku at 22:27| 日記

2013年03月16日

開園に 近くなったと 草の花

beniyatsufusa_haru.jpg

Acer palmatsum ‘Beni Yatsufusa’    紅八房
 ハウスの中の八房系が葉を伸ばし始めた。赤い新芽が伸びるに従って中央から淡い緑色になってゆく。ネットでは色が上手く出ない。

 今朝、5時に目が覚め、眠れぬまま、PCに向かっていた。カエデ園では、土手にツクシ、オオイヌフグリ、フキノトウ、タネツケバナ。ハウス内ではタツタソウ、白花ショウジョウバカマが咲いていた。昼休みを除いて一日中カエデの剪定をしていた。暑くも寒くもなし。アメリカハナノキは木のよって蕾が膨らみ赤く見えるもの、やや白っぽくオシベが突き出しているもの、まだまだ硬い蕾のものなど見た。人間誰しも鋏を持つと切りたくなる。私も同じく木によっては相当切った物もある。
posted by ganshuku at 22:33| 日記

2013年03月15日

数で来る 何が何でも 生存を

shimaurikaede_hana.jpg

Acer insulare Makino       シマウリカエデ
 奄美大島にのみ自生するカエデ。両性化だが、こんなに沢山花が咲き種子が成るのに、ほとんど発芽しない。挿し木で増やせる。成長ははやい。

 朝からハウス内2名で潅水。曇のち晴で、瞬く間にハウス内の温度が上がった。後、一人は肥料散布。私は終始カエデの剪定。ところが1cmにも満たない小さなミノムシが一杯ぶら下っている。よく見ると新芽をかじっている。この方が時間がかかる。根比べだが、負けそうォーーーーー。
posted by ganshuku at 19:29| 日記

2013年03月14日

寒風に 心身共に 洗われた

irohamomiji_hana.jpg

Acer palmatum Thunb.    イロハモミジ   タカオモミジ
 一般にモミジと言えばイロハモミジを指す。今はどうか分らないが 京大系の先生はタカオモミジと言われ、東大系の先生はイロハモミジと言われていた。意外とイロハモミジの木に花が咲くのを知らない人が多い。小さな花なので見逃しているものと思われる。

 今日は二人。枯れたカエデが3本見つかったので掘り起こし穴を埋め、その後へポット植えのカエデを置いた。イタヤカエデの剪定が終わったので切り落とした枝を片付けた。一人は肥料散布。私は剪定。午後も続いての作業。陽はさしていたが風が猛烈に冷たく、鼻水が止まらないのと、手がかじかんで鋏がうまく使えなかった。
posted by ganshuku at 20:24| 日記

2013年03月13日

大峰の 覗き修行に 似た境地

ooitayameigetsu_haru.jpg

Acer shirasawanum Koid.    オオイタヤメイゲツ
 奈良県では標高千数百メートル以上の山に自生。園芸の世界では未だにハウチワカエデにされているが、花が上を向いて咲くのがオオイタヤメイゲツ。下をを向いて咲くのがハウチワカエデ。葉の厚みも異なる。

 暖かな一日だった。ボランティアの方がミノムシ取り。相棒は植替え。私は相変わらず剪定。3mの脚立の上に立っったり、高切鋏で刈ったり、自分ながら危なっかしい作業だが、こんな時がカエデ教の無の境地かな。いわゆる修行状態かなエヘ・・・・。
posted by ganshuku at 21:40| 日記

2013年03月12日

早々と カエデの花の 咲く季節

rubrum_mebana2.jpg

Acer rubrum Linn.     アメリカハナノキ   レッドメープル
 この花は雌花だが雌雄異株。日本のハナノキに似ているが、このカエデは幼木の時から花をつける。成長は早い。今日観察した所、芽鱗を割って赤いところが少し見えていた。

 朝は、凄く寒かったが、陽がさすに従って暖かくなった。昨日と同じメンバーで同じ仕事をした。私は専念できず、あっちこっちで剪定、ハウスの潅水もした。ミノムシの小さなのが一杯ついているのもあり、上手に隠れているので、見つけにくかった。
posted by ganshuku at 22:28| 日記

2013年03月11日

カエデ達 共に暮らして 三十年

karakogikaede_haru.jpg

Acer ginnala Maxim.     カラコギカエデ 
 自生のカラコギカエデでも春の新芽から葉の形になるまでの葉の色がこのような色とグリーンのものとがある。意外とカエデの仲間と思われていない。奈良県には2箇所の自生が見られる。

 今日は一日中3名で、ボランティアの方は肥料散布、一人は植替え、私は、背の高いイタヤカエデ系の剪定。高い脚立の上に立ち高切ハサミで先の枝を止める作業。勿論木の幹を握り締め慎重にと思うと動作が鈍くなる。多くの木はできなかったが、無事に一日が終えた。
posted by ganshuku at 19:07| 日記

2013年03月10日

大勢の 人と仕事は 笑い呼ぶ

tokiwanishiki_haru.jpg

Acer pictum ‘Tokiwa Nishiki’    オニイタヤ「常盤錦」
 オニイタヤの花は緑色。斑入りの木は黄色。葉の出る前から咲く。イタヤカエデの系統は1種を除けば大木に成る。夏枝を折るとミルク色の樹液が出る。
 朝は天気が良く10名が集まり、接ぎ木用の台木をポットに植える作業をした。各々作業を分担してやったので単時間で出来た。昼前から雨。雨のやんだのを見計らって昼食に帰った。午後、雨が降っていたがハウス内の潅水をするため出かけた。風雨の音が凄かった。16時過ぎ少し小降りになったので帰った。昨日、今日と鋏で枝きりをした性か肩、首、頭の筋が痛い。
posted by ganshuku at 19:41| 日記

2013年03月09日

静寂で 後五十日 出来るかな

urikaede_haru.jpg

Acer crataegifolium Sieb. et Zucc.     ウリカエデ  メウリノキ
 何処の里山にも自生。極平凡なカエデなのだが、花の色が淡い緑色から濃いベージュ色まである。夏場種子の羽根が真っ赤になる。秋の紅葉の色とりどり。私の好きなカエデの一つ。

 今日は一人ぽっちでカエデの剪定をしていた。暖かく穏やかな日だった。静かな中で時々竹に石を投げたような音がした。竹のはぜる音だそうな。体調がよくないので時々休んで草花を見た。ショウジョウバカマの白花。フクジュウソウ。ハウスの中にはタネツケバナ、オオイヌフグリが咲いていた。バリバリと働けない寂しさを感じる。
posted by ganshuku at 20:02| 日記

2013年03月08日

やりくりと 生みの苦しみ 悲壮顔 

megusurinoki_haru.jpg

Acer maximowiczianum Miquel     メグスリノキ  別名 長者の木
 ある大学の先生が、現在でも細い枝を煎じて飲むと目薬として効果があると発表され一時はメグスリノキが無くなるのではないかと思うほど切られた。奈良県にも自生があった。秋の紅葉の色が異なるのでよく分る。

 朝から2名で潅水。ハウスの中は周辺を開けていても20℃を越えた。一人は植替え、私は種まき用の名札を作った。お昼、知人ご夫婦がお弁当をもって来てくださり、ご馳走になった。後、種まきを手伝ってくださった。後、台木の植え付けの準備。トレーを揃えた。体調が悪かったが何とか仕事が出来た。
posted by ganshuku at 20:12| 日記

2013年03月07日

カメラマン カメラ忘れて 語るだけ

tetukaede_haru.jpg

Acer nipponicum Hara     テツカエデ
 日本で一番大きな葉のカエデ。大きな木に成ると樹下が暗くなる。幹が鉄のように硬くも無いが、晩秋の落葉が、なんとさびた鉄の色をしていた。
奈良県に自生の群落を見た事がある。
 久々に朝からカエデに潅水。ハウス内と外のポット植えが乾いていた。二名で半日かった。午後、種まきの準備、その他雑用をしただけで植替え、剪定が出来なかった。体も、気持ちもだるい。やる気にさせる体制が欲しい。
posted by ganshuku at 21:08| 日記

2013年03月06日

何とかと 叶わぬ夢を 宝くじ

asanohakaede_haru.jpg

Acer argutum Maxim.       アサノハカエデ
今、何とか一本生き残ったカエデ。この木は男の子。嫁さん探しが必要だ。 

 朝、一人は植替え。私は剪定。八房系の芽鱗が割れてきたので急がなくては。何せ数が多いので出来きれない。助けてぇーーーと言いたいが誰でも出来る物ではない。またまた、目がおかしくなってきた。昼を利用して町まで買い物につれてもらった。一寸遅れて帰り着いたが、カエデ園はのんびりした場所だなーーーと思った。
posted by ganshuku at 19:42| 日記

2013年03月05日

春近し カエデの芽吹き ハウス中

ouka_haru.jpg

Acer palmatum ‘Ouka’      桜花
 国分寺の司メープルさんの作出。 頂いたのだが、台木に力がつきすぎて枝枯れ。台木に葉を付けた状態で接ぐのだが、片方(穂木)は葉緑素が無いので弱い。春の新葉は桜色で何とも艶めかしい。今年ついに枯らしてしまった。残念至極。

 四名で作業。1人は肥料を散布。2名はカエデの植替え.私はハウス内のカエデの剪定。私の体調がよくないので植替えの手伝いが出来なかった。剪定をしていると、一瞬、無の境地に入れるので気分的にはスッとする。カエデ教の教祖になれるかな?
posted by ganshuku at 23:04| 日記

2013年03月04日

剪定は 大きくしたい 夢作業

hiraratenkoku.jpg

楽篆堂の田中快旺先生が、奈良カエデの郷「ひらら」の為に篆刻してくださり、昨日頂戴しました。誠にうれしい限りです。先生も応援メッセージ書いてくださっております。http://lucktendo.blog52.fc2.com

 朝書くべきところ、頭の働きが悪かったのと、一寸下痢気味だったのでこの時間になってしまった。今日は3名別々の仕事をした。一人は植替え。一人は、草引きをしながら肥料散布。私は、動くと下痢をしそうだったのでハウス内で剪定をした。剪定も八房系統をおもにやったが、枝が細く、芽はすでに膨らんで触っただけで落ちる。芽数を減らさないと大きくならない。指先の痛くなる仕事だった。
posted by ganshuku at 21:12| 日記

知恵袋 頂けたのか 三部役

mitsudekaede_haru.jpg

Acer cissifolium (Sieb.et Zucc.)K.Koch     ミツデカエデ  ミツバカエデ
 複葉3出するので分りやすい。奈良県では群生を見かけなかったが、大きな木で川筋などに単独時勢を見た。

昨日は、知名な方が四名来園され、幹部の方とお話になられた。植替作業は午前中二人で、午後は少しで、後は接客。一寸気を使いすぎたのか家に帰って椅子に座るなり寝てしまった。何も出来なかった。
posted by ganshuku at 08:04| 日記

2013年03月02日

風強く ハウス唸るや 春二番

amagatsuji_haru.jpg

Acer palmatum ‘Amagatsuji’            尼が辻
 1987年に命名した。名古屋で買ったイロハモミジ。地元では「草紅葉」と呼ばれる中からの選抜。

 朝8時カエデ公園に出かけた。頂いたカエデの接ぎ木。昼一番、大沢さんの山野草講習会に参加。2時過ぎにカエデ公園に戻り一人なので台木の植え付けの準備、種まきの準備、整理整頓、カエデの剪定を18時までやった。今日は、晴たり雪、雨、風が強くハウス内ではすごい音がした。
posted by ganshuku at 22:51| 日記